女性

お尻ニキビにはピーリングで皮膚を柔らかくしよう

洗顔と石鹸

ソープ

洗顔石鹸は肌に優しい洗顔料だと言われていますが、なぜ肌に優しいのでしょうか。その理由は石鹸を構成する成分にあります。石鹸は動植物の油脂から製造した脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムでできています。また界面活性剤であり、油を含んだ汚れを落とすことができます。つまり動植物の油脂を原料とした天然の洗浄剤であることが肌に優しい理由なのです。特に脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで添加物が一切入っていない石鹸は純石鹸と呼ばれています。また弱酸性の人間の肌に弱アルカリ性の石鹸を使うことで、弱アルカリ性になった肌を弱酸性に戻そうとする力が働き肌を活性化することができます。基本的に洗顔石鹸は肌に優しい洗顔料ですが乾燥肌や敏感肌など人によっては刺激を感じたり乾燥したりすることもあります。

洗顔に洗顔石鹸を使う場合どのように選んだら良いのでしょうか。まずしっかり「石鹸」を選びましょう。弱酸性や中性、合成界面活性剤が入っているものは石鹸とは呼べません。本来石鹸は弱アルカリ性であり、石鹸自体が天然の界面活性剤であるため合成界面活性剤は配合する必要がありません。選ぶ時は成分表示を確認しましょう。肌のことを考えれば、洗顔石鹸には化学合成物質無添加で石鹸素地98%以上の純石鹸を選びたいところですが、市販に安価で出回るものは製造過程で発生するグリセリン(保湿成分)や油分を取り除いてしまうので人によっては乾燥が気になるかも知れません。そんな時は少し高価ではありますが、グリセリンなどの保湿成分が多く残された手製のものを試してみると良いでしょう。